能天気代表

 生後一か月の赤ちゃんの、お母さんと話をする機会を作ってくれるらしい。うちの子の主治医の先生が。そのお母さんは、元気に育っている子どものお母さんと話をする気になってくれたらしい。

 悩みがないと言ったら嘘だし、やっぱり産後直後はいろいろ考えたりもした。でも、ずっと一貫して、たっちゃんがとってもかわいくて、とっても大事なことだけは事実。それから、仕事柄、「手帳を持ってますか?」とよく聞くし、手帳と言えば障害者手帳のことだし、持ってる人の方が多いんじゃないかと言う集団を相手にした職場にいることも、有利だったと思う。

 お母さんとしては本当に未熟だけど、まあ能天気代表として、新しいお母さんに、少しでも良い影響を与えられたらいいと思う。そんなに私偉くないけど。まあ何というか、お知り合いになれればいいと思う。

 たっちゃんの笑顔が、上手になった立っちが、爆笑物の四つん這いお尻縦方向ふりふりが、新しいお母さんの笑顔を引き出さないかしら。何て考えてしまう親バカぶりではある。

全てこれ善し

 赤ちゃんの無邪気な笑顔なんて、嘘だと思う。彼ら、結構考えてる。狙ってる。悪いことしてる。取引もするし、天使ではない。いつまで見ていても飽きない。その瞳の奥で、何考えてるんだろう。どこまで考えてるんだろう。

 両手を伸ばして、私、お母さんに抱き着いてくる。ぶえーんと泣く。さみしいだけで泣く。痛くなくても、お腹空いてなくても。歌ってあげると笑う。

 この子を産んでよかったのかとか、考えたことが無い。この子が全身で発している。「全てこれ善し」と。すごい自己肯定感。うちの子だけかな。みんなそうなのかな。

 世界を肯定して、「全てこれ善し」と。だから私は、ただお世話をする。ひたすら育てる。今善し、将来善し、過去も善し。彼がそう言うから。まだしゃべれない体で。