読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の腹痛に怯えながらプリン食べた

 目が覚めた時にお腹の違和感があった。妊娠19週。昨日の腹痛はまだ残っているのか。妊娠前によく、お腹が空きすぎて痛くなることがあったし、夕べはご飯を控えめにしたからそのせいかなと思って、朝食を食べた。トイレに直行したくなった。ひどい下痢ではないけれども、お通じがあって腹痛はとれた。やっぱり胃腸炎みたいな感じかな、子宮の方じゃなくて良かった、と思っていたらまたお腹の違和感。

 妊娠してなければ大したことのない腹痛だけど、赤ちゃんが心配。お腹の張りとは違うと思うけど、初産婦だし張ったことがないからよくわからない。とにかく、赤ちゃんが心配。でも、受診して「切迫流産、緊急入院、絶対安静」なんて言われたら…仕事が…。そんなこと言ってる場合じゃないのは頭ではわかるけど、足が病院に向かない。日曜だから救急外来を探さなきゃいけないし。大体、病院って行ったら大したことないってわかることばっかりだったし。今まで、熱で風邪薬もらったり、腹痛で胃薬もらったりしてた時には。

 知人は、この時期(妊娠5か月)に、普通に妊婦健診に行ったら「切迫流産、緊急入院、絶対安静」と言われたらしい。その前に、お腹の張りは良くあったって言ってたけど。張りってほんとにわからないな。お腹痛いときに触っても、筋肉硬くなってないからたぶん大丈夫だと思うけど。

 そんな悩みながらもお腹は空いて、でも体重は気になって、コンビニで見つけたのが「アーモンドミルクでつくった低糖質プリン」。一個で64kcal!隣にあった普通の小ぶりのプリンだって120kcalあったし、とろける口どけみたいなクリーム入りのは220kcalもあった。濃厚な食感と、プッチンプリンみたいなプリンらしい香りで美味しかった。砂糖以外に甘味料が使われてたのが気にはなったけど、今日のプリン食べたい願望と体重増やしたくない恐怖を乗り越えるには良かった。