今日も生まれない

 臨月のお腹はパンパンだ。ベランダに咲いた朝顔の花を写真に撮ろうとして、カメラを構えて前かがみになったら、胃が抑えられて吐き気がしてきた。ソファーで休んでいたら、眠ってしまった。毎日、近所を散歩するくらいしか体を使うことが無くて、朝寝までして、今夜は眠れるだろうか。でも、妊娠してから臨月の今まで、ずっと寝つきはいいから大丈夫かもしれないけど。それにしても、やれることのない毎日だ。テレビを見るにも本を読むにも気持ち悪いし。

 好きな人と結婚して、夫と仲良く、幸いにして希望の時期に速やかに妊娠して、流産することもなく、言うことのない幸せだ。毎日大きなお腹をなでながら、家族に妊娠を労わってもらい、親戚一同で赤ちゃんを心待ちにしている幸せな時間だ。それはそうだけど、いくら病気ではなくても妊婦の体はまあしんどいし、仕事を休んで寂しいし、時間はあるのに家事ひとつ満足にできなくて、趣味を楽しむこともできないし。まだ予定日より前とはいえ、いつ生まれるかもわからなくて、まだまだかもしれないし、そうしたら産休明けの仕事復帰も遅れるし。臨月に入ってから、正直、少し、ストレスが溜まっている。そんな自分は、母性や子供への愛情が足りないんじゃないかと、でも子供のことは本当に大切なんだけどと、悶々としてしまう。

 きっと、絶対に、陣痛がきたら全てのもやもやが飛んでいくくらい痛くて、その後は全てを忘れるくらい赤ちゃん可愛くて、そして何も考えられないくらい大変な毎日が過ぎていくのだろうから、心配いらないと思うけど。