障害児の出産を減らすこと

 障害児の出産を減らせる方向に、との発言がニュースになっている。私はダウン症候群をもった子のお母さんになって、まだ2か月で、これから世間の風に傷つけられることがたくさんあるだろう、いちいち気にしないようにしなきゃいけない、と身構えた。でも、ネットニュースのコメント欄では、全国の皆さんが、障害児とその家族に暖かい目を注いでくれて、発言者を非難してくれて、現代日本の障害者福祉に問題があるんだと指摘してくれて、嬉しくびっくりした。むしろ、私の方が皆さんより、冒頭の発言もしょうがないよなあ…同調する世論が高まって、肩身が狭くなるなあ…なんて杞憂してしまった。

 毎日の生活は、子どもがいることでとても楽しくて、肌感覚でこの子の大切さは骨身に沁みている。でも、それを知らないはずの、障害児の家族でない人たちが、マクロの視点で、社会的な観点で、あるいは家族の心情を思いやって、暖かいことを言ってくれるのはすごい。私ももっと、自信を持たなきゃいけない。この子のお母さんなんだから。