子どもの教育方針

 子どもが生まれて、子育てをするようになったら、お受験をさせたり、習い事に通わせたりしなきゃいけないなあと、それはちょっと重荷に感じていた。私は受験も就活も、幸いにしてうまくいった方で、だから子供に対しても「やるぞ」みたいな気持ちになってもいいのに、何だかそれは気が向かないと思っていた。

 だから、子どもが生まれて、そういうことをしなくていいとわかった時には、ほっとした。私だって、そんなに辛い思いをしたわけじゃないし、塾通いを強制されたこともなければ、就職先について何だかんだ言われたこともないのに、「ああこの子は試験の結果や面接での自己アピールで人と競っていく人生を送らなくていいんだな」と思ってほっとした。もしかしたら、子ども自身の生活よりも、親としての責任みたいなところで、ほっとしたのだろうか。この子のことは、かわいがって、毎日を楽しく過ごせるように育てていけばいいんだと思って、ほっとしたのだろうか。でも、そうではなくて、やっぱり愛しいこの子が、競争社会でくだらない些細なことにやきもきするのではなくて、自分を精一杯生きるような人生を送れるんだということに、安心したんだと思う。

 もちろん、どの道にも、この道にも、困難なことや辛いこと、時には悲しいことが、いっぱいあることはわかっている。それでも、この子の前に伸びる純粋で暖かな道を思う時に、お母さんの胸には春風が吹き抜ける。