読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫が子どもっぽい

 夜遅くの授乳に付き合ってくれようとした夫が、普通の大きさの声で、普通の話題を話しかけてきたから、焦って「声大きいよ」と注意した。ここで赤ちゃん(たっちゃん6か月)が寝ているんだから。そうしたら夫は怒ってしまって、「じゃあもう寝る」とせっかく頑張って起きていたのに、授乳をはじめるまえにさっさと寝室へ消えてしまった。

 悲しくなる。どう考えてもおかしい。私の言い方もあるのかもしれない。それにしても。どうして自己中心的なんだろう。どうしていつまでも親になれないんだろう。

 私が食事の支度をしている時、「たっちゃんが先でいいよ」と言われてびっくりすることがある。母親の私からしたら、あまりにも当たり前なのに。むしろ、先でいいよとか言いながら待ってないで、手伝ってほしい。主体的に分担してほしい。

 男の人って、という言い方はいけないんだろうけど、母親と父親のギャップは埋めがたいものがある。夫はいつ、たっちゃんのお父さんになってくれるんだろう。むしろ、私の夫だったのが、子ども返りをしてしまったようだ。

 疲れてるのに。支えて欲しいのに。協力して欲しいのに。支え合っていきたいのに。