食べたいものを食べる母

 菓子パンが好きだ。「菓子パンは食事じゃなくておやつです。しかもケーキよりカロリーが高い」なんて聞くけれども、朝食に菓子パンを食べるのが習慣になっている。あんぱん、クリームパン、チョコパン、蒸しパン、フレンチトースト、ワッフル、メロンパン。何でも大好き。ドーナツも好き。

 妊娠中は、さすがになかなか食べられなくて、半分だけにしてサラダをたくさん食べたりしていた。本当に、何で妊娠中は、妊娠前より少ないくらいを食べてもどんどん体重が増えて、尿糖も陽性になったんだろう。ホルモンバランスのしわざだったとしか思えない。

 それが今では、授乳でカロリーを持っていかれるし、夜もろくろく眠れなくて栄養を摂っても体につかない感じだし、大きくなってきた赤ちゃんを振り回して遊んであげたり寝かしつけたりと体力も使うし、とにかく太らない。二人分食べる勢いで努力して食べないと、痩せていく。おっぱいのこともあるし、お母さんとしての健康も考えて、食べ物には気をつかわなきゃとは思う。でも、こんなに食べ放題の時なんて、人生いまだけだ。朝に菓子パンを食べて、昼にシュークリームをデザートにして、夜食にプリンを食べても太らない。すごい、授乳ありの育児って。人生最初で最後の食べ放題だ。