読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納豆を食べさせたら怒られた

 生まれて初めて、納豆を口に入れて、苦々しい顔をした。それから、妙な真顔で、こちらを見つめていた。たぶん、怒っている。

 たっちゃん0歳10か月。離乳食を進めて、いろんな食材が食べられるようになってきた。5か月で始めた頃は、一つの食材を、一匙ずつあげるというアレルギー対策の原則を守って、途方に暮れた。この世の中にある無数の食材を、こうして一つずつ少しずつ試していくのかと。いつまでたっても、数えるほどの材料しか使えないような気がした。

 それがいつの間にか、色々な野菜や果物、お肉、お魚、その他(大豆製品とか)もう一通り食べられるようになった。途中から原則を緩めて、アレルギーの起きそうにない何というかさっぱりした野菜なんかは、初めてを同時に複数投入したりもした。

 思ったよりも好き嫌いなく食べてくれるし、あまり料理が上手じゃないお母さんだけど、その辺にも文句がなさそうでお利口だ。だけど、ときどき「何でこんなものを食べさせるんだよ!」みたいな顔をする。美味しいのに。体にいいのに。納豆だって、人参だって。

 色んなものを食べて、お食事を楽しんで、元気な体を作ろうね。私のたっちゃん。