今年も立派なお母さんにはなれませんでした。

 今年もなかなか立派なお母さんにはなれなくて、離乳食もあんまり作らなかったし、夜中の授乳を思いやってくれる私の母が朝みてくれる時には、遠慮なく寝坊。それでもやっぱり、私はお母さんで、たっちゃんが大好きで、とっても大事。結局、夫とのケンカも、別居も、そこからきたのかなと思い及ぶようになった。そんなんじゃ、たっちゃんの元気な明日が心配だよって。風邪うつさないで、無駄遣いしないで、遊びに行きたいとかわけわからない、全力で常にたっちゃんのそばにいてあげてよ!って。お母さんって、そういう生き物だから。落ちこぼれお母さんでも。

 私一人で、しっかりとたっちゃんを守っていけるからって、自信を持てたらこうはならなかったのかもしれない。こうって、夫はすっかりひどいことを怒鳴る人になってしまい、別居して元に戻れる目途はなく。両親揃った暖かい家庭を、たっちゃんに用意できなくてごめんね。お母さん、一人親で頑張るよ。たっちゃんに絶対、さみしい思いはさせたくない。