お母さんって、呼んでみな

 1歳5か月の男の子、たっちゃん。何やら、もにゃもにゃと、しゃべるようになってきた。いいタイミングで、いい音数で、発音はちょっと不明瞭なのだけれども。「ばあば」と言われたと思い込んでいる私の母は、ほとんど有頂天で、10kgにまで重くなったたっちゃんを、ヘルニアもちの腰で、要求されるがままに抱っこしてくれている。

 初めての言葉をとられた私、お母さんは、それでも嫌な気はしない。何せ、たっちゃんがしゃべったんだし、ばあばが可愛がってくれて、言うことない。ただ、やっぱりフルタイムで仕事してると、なかなかたっちゃんの「はじめて」を手に入れられないなあと、寂しい気分ではある。でも、働かないと、と思ってしまう。本当にそうなの? 今だけくらい、仕事離れた方がいいんじゃないの? いつも逡巡している。

 たっちゃんが元気なら、それでいい。でも母さんは今夜、ちょっと苦しい。比喩じゃなくて、何だか息が苦しい。疲れすぎたかな? ストレス抱えちゃったかな? 早く寝ればいいのに、寝るとたっちゃんのために起きられないような気がして、もう少ししてオムツ替えるまで起きていようと思う。一人で、呼吸を落ち着かせながら。