読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳半健診で、意外といろいろ言われた

 1歳半健診に行ってきた。我が家のたっちゃんと、ばあば。

 そもそもはお母さんである私が連れていくつもりで、有休を申請していた。でも、前の晩から急にたっちゃんが熱を出すという、子どもあるある。看病できて良かった、という一日として消費された有休。

 ということで仕切り直して、別の週にも健診をやっているということで、行ってきてもらった。自信満々で。うちの可愛いたっちゃん、ばあばとお母さんがしっかり育ててますよ、という感じで。そうしたら、歯みがきが甘かったらしい。歯みがきの柄も、もうたっちゃんには短かったらしい。1歳向けの、赤ちゃん用品大手のやつなのに。というか、仕上げ磨きには、大人が使うような長さのが必要らしい。それから、「ワンワンはどれ?」と聞かれたのに、大好きなブーブー(自動車)の絵を指し続けていたらしい。丁寧な子育てで培われた、たっちゃんの理解力が自慢のばあばは、ちょっと心折れたみたい。

 お母さんとしては、まあちょっと子育てを批判されたみたいで残念な気持ちもあるし、まあちょっとたっちゃんの成長が気にはなる。それよりも、ばあばがお母さんより気にして落ち込みがちなことに、焦っている。だって、ばあばがお母さんよりせっせと子育て(孫育て)してる現実を、突きつけられたみたいで。そりゃあお母さんは、最近たっちゃんのご飯を作っていない。職場では新たにプロジェクトチーフを任された。でも、たっちゃんのことが一番だし、たっちゃんのことを一番愛しているのは、やっぱりお母さんなんだよ。それだけは確か。