なんで泣き顔が可愛いのか

 たっちゃん1歳7か月。たっちして、ふらふらとあんよして、よく動き回る。そして、よく頭をぶつける。

 頭悪くなっちゃいそうだし、できるだけ気をつけて見ていて、家具の角とかにはウレタンクッションテープみたいの貼ってあるんだけど。やっぱりコツンして泣く。

 その泣く3秒前、1秒前の顔がたまらない。なんか「えー!!」みたいな表情で、なぜか鼻の下が伸びていって、目が赤くウルウルしてきて、唇がヒクヒクしだす。そして、「えーんえーん」。赤ちゃんの泣き顔って、どうしてこんなに可愛いんだろう。何か、信じられない、僕の心は傷つきましたみたいな悲しそうな泣き顔する。それが可愛そうというより、なぜだか、可愛い。泣く理由がささやかだからかな。これが本当に怪我してたりしたら、こっちも必死になるんだろうけど。

 後世のためにも、ぜひ一度、泣き顔、泣く数秒前顔を撮影しておきたいんだけど。なんかそういう時にカメラ向けたら傷つきそうだから、たっちゃん意外にわけがわかっててそういうのもわかっちゃいそうだから、自粛してる。