子どもに食べさせたくないもの

 近所のスーパーで、プライベートブランドベビーチーズを買った。アーモンド味を一口食べたら、強いアーモンド風味なんだけど、人工的で口に合わない。アーモンドのかけらは、すごい小さいのが何個かだけ。原材料の最後に香料とは書いてあるけど、いろんな製品に書いてあるものだし、まさかアーモンド味が香料で出来ているとは思わなかった。正規品は普通のチーズにアーモンドが入ってる感じだったし。

 これは私だったから良かったけど、うちの子には体や味覚にいいものを食べさせたいし、その判断が難しい。「1才からのチーズ」という製品を買って、離乳食に使ってみたけど、けっこう塩気が強くてびっくりした。他にも、ヨーグルトが体にいいというから、ベビーダノンはどうだろうかと思ったら、甘いしそもそもヨーグルトじゃないらしいし。

 そんなに几帳面にするつもりもないけど、うっかりするとけっこう良くないものを離乳食にしてしまいそうで難しい。ハチミツが1才までダメなのは知ってたけど、黒砂糖もなんて知らなかったし。うちの子はNICUに入ったから、出産で入院した時に案内された離乳食教室の対象じゃなくなっちゃったし、1歳児健診でも発達の個別指導に案内されて、幼児食教室の対象じゃなくなっちゃったし。

 たっちゃん1歳8か月は、ただいま離乳食中期くらいまで進みました。ゆっくり大きくなるんだよ。