別居の理由

 子ども手当の関係で、区から封筒が来た。今年も収入制限に引っかかったのかな、資格持っててフルタイム残業休日出勤ありで少なくはないけど大して稼いでないし、子どもの将来に備えること考えたら贅沢なんてまったくできない年収なのに、と思いながら開けた。そうしたら、離婚前提別居に丸付けたから、何か申請時点と今回の更新時点で状況の変わりがないとかいう書類を出せということだった。夫と別居してる理由を、更新書類に書かなきゃいけなくて、離婚前提とその他( )しか選択肢が無くて、まあ離婚前提というか離婚を含めて相談中だしと思って丸付けた。それがなんか、たいそうな話になってるようでちょっとびっくりしたけど、まあ良く考えれば別に嘘でもなければたいそうな話でもないかと、そのまま言われるがままに送り返すことにした。

 自分の気持ちと世の中の整合性を付けるのは、たまになかなか難しいことがあって。確かにそうなんだけど、それ以外ないんだけど、と思いながら、何か違和感のある形に自分の気持ちを落とし込むしかないことがあって。離婚前提別居というか、そりゃあまた同居に戻れれば一番いいんだろうけど、どんなに私が努力したって、相手のいることだし。離婚前提で別居したというか、同居が立ち行かなくなって子どもの生活もあるしと必死で引っ越してきたのであって。なんかなあと思いながら。書類どうこうはいいんだけど。私のやっていることは、離婚前提別居なんだろうか、とか思ったりして。