たっちゃんと生きる喜び

 小さい子供が巻き込まれたニュースを見ると、本当に涙が出てきて、息が苦しくなる。災害や、事件。虐待。どうして世の中こんなことがあるんだろう。お母さんになる前は、かわいそうだなあとは思っても、ここまで辛くはならなかった。今は、本当にそんなニュースを見たくないけど、自分の子どもを守っていく上でも見ないといけない気がして、見ている。こんなに苦しくなるなんて、産後うつが続いているのか、育児ノイローゼになったのかと思いながら。

 人は未来に希望を持てないと生きていけないと言うけど、そうだろうか。今が幸せなら、先に心配はあっても、今死にたいとは思わないのではないだろうか。たっちゃんを産んで、たっちゃんがいつもここにいてくれて、先に心配はいっぱいあっても、幸せ。死にたいとか、思わない。今を大切に生きるって、ちょっと違う意味だけど、でもこういうことかなと思う。たっちゃんとお母さんが写ってる写真、お母さんがとっても幸せそうな笑顔だって、お母さんのお母さんに言われた。たっちゃん大好き。たっちゃんを育てるお母さんを応援してくれる、お母さんのお母さんも、大好き。いろいろあったけど、10代20代と、子どもの頃のそんな気持ちを思い出せて、幸せ。