夜中の音楽に溶ける世界を抜けて子どもの横へ

 意識なんて溶けてなくなってしまえばいいのにというくらい、頭の中に「2台ピアノ」が鳴り響いている。2歳になったたっちゃんともう一度同化して、私たちの存在は粒子の粉々で世界に返る。

 アンパンマン体操の振付を勉強しようと思って、Youtubeを開いたら、まらしぃさんの投稿が目に飛び込んできた。好きで、良く聞いていたから。出産後、いろいろなことがあって、生活が激変して、すっかり忘れていた。あの頃は一人で、好きな人がいた。今は、愛しい障害児を抱えて、好きだった人から理解不可能なことをされて、二度と戻らないはずだった実家にしっぽを巻いて逃げ込んで。朝、子どもが起きるから私も必死で起きて、何で毎朝こんなに辛いんだろうと思いながら可愛いわが子のオムツ替えからはじまって朝ごはんの支度をし、仕事に飛び出してひたすら働き定時に飛んで帰って、休む暇なく育児家事。

 疲れ切った体をようやく休める時間がきたけれど、せめていっしょに児童館行けなくてもアンパン体操をいっしょに踊りたいと思って、Youtube。前は毎日だったのに、2年ぶりか。そして、まらしぃさんとH ZETT Mさんの2台ピアノ。見つけた、素敵だなあと思えるものを。2年ぶりに、頭が溶ける感覚を、再び。

 それでも、もう一回聞いたらパソコンを消して、たっちゃんの横に眠ろう。私が布団に入れば、眠っているはずのたっちゃんが、おっぱいを求めて寄ってくる。そして迎える朝。たっちゃんの成長を見守るには、現実に生きていくしかないから。